【RO2】新職業紹介


キャラグラ見っけたw
なんというリア充な画像...これを見た限りではキャラクターのグラフィックスは、背景にあっているんじゃないかと思います。



画像は、マジシャン♀です。
キャラサイズは、6.5頭身ですかね?
ちょい曲がってるような...まぁ6.5~7頭身あたりですなぁ。













新職業紹介
なんか絵が違います。作者が変わったのでしょうか。次職の服装の方がしょぼくなっています。
最初のイラストの方がいいです。明らかに、劣化していますね。
プリーストにいたっては、アコライトのイメージ絵の方がよりプリーストに見えます。



ナイト(左)
ナイトは、鎧を纏った接近戦に強い戦いのプロです。
彼らは、プロンテラ騎士団に属しており、名誉ある騎士として武力を行使することが出来ます。

"正義を剣で名誉を盾に!"という、そのスローガンは、他の模範になる騎士団の規律をよく現しています。

優れた体力を土台にした彼らの前衛としての力はプロンテラ王国にとって大きな力となってくれるでしょう。

ウォーリアー(右)
ウォーリアは、優れた武力を土台に各種武器及び戦術のカリスマです。
だが、ウォーリアはプロンテラが公認する名誉な戦士ではないです。

彼らは、人命を害したりお世辞にも公的に武力を行使することがないからです。
ただ傭兵として戦闘に参加することで武力行使を認められているだけです。

それにもかかわらず、今日も多くの人々が戦士になるためウォーリアーギルドの門を叩きます。
それは、ウォーリアーが戦場での優先効率や磨き上げたノウハウが他の闘士等より優れているからです。




プリースト(左)
プリーストは、洗礼を受けた教団の守護者です。
公式的には、大陸で唯一公認された聖職者です。

プリーストは必要として、修女の洗礼を経て、大陸の魔物たちが凶暴になった時に
参加し魔物を処罰し、負傷者を治療します。冒険者の多い任務を護衛します。
彼らの最も大きい役割は、負傷者の回復です。

彼らは戦場の中で福音と称されて、彼らは神聖な力を使うことができます。
パーティー達の体力を回復して、彼らは教会の最も強い盾で、王国を見守る者。

モンク(右)
モンクは、オーディーン正教会に属している聖職者です。
プリーストが教会の盾なら、モンクは教会の武器の役目をはたすだろう。

彼らは、古代の哲学者に対しての想念にはとても深い悟性があり、
また先輩のモンクたちの影響を受け取る。

彼らの中には、自由な行動をする者と専任のものがいて、
純粋な追求の苦行を積む人もいる。だから、大陸の人々は彼らのふだんの生活を想像しにくいのです。

なぜ、こちらのイラストにしなかったのでしょうかね。
韓国では、人が途中で辞めたり、揉めたりすることは、珍しくはないので...なにかあったのでしょうか。
うーん、少し残念なイラストです。


レンジャー(左)
レンジャーは、アーチャーの中でも造詣の深い人達で構成されています。
彼らは、弓を使って攻撃し、以下の2つの特徴を持っています。

とても高い攻撃力と、とても早く戦場を退くので普通より強い生存能力を持ちます。
彼らは、絶対に自分を晒して敵の視線が入るところで攻撃をしないです。

彼らは、深い山の中で生活する。だから、移動力と高い集中力が備わっている。

彼らのもたらす攻撃は致命的で、狙われれば敵は絶対に逃げ切れないのです。

ハンター(右)
ハンターは、天性の適応能力は、戦いの中で大いに役に立つでしょう。
彼らは、戦場の勝敗に関わるとても重要な職業です。

レンジャーと同じで戦闘の中でとても強大な作用を持っています。
しかし、レンジャーと区別するなら、彼らは、動物と共に戦うことです。
さらに、効率的なハンティングのため罠を設置する。
しかも、猛獣のように急速な移動をすることができます。

身を潜める時、ハンターは少しの音もださず非常に静かに移動します。
普通の生活では身につかない特殊な技能をハンターだけが持ちます。



ウィザード(左)
ウィザードは、ゲフィン魔法アカデミーに認められた者のみなることができる。

由緒深い魔法アカデミーは、大災害以降、
アカデミーに入学した生徒らだけにウィザードの資格を与えることから脱して、
大陸各地に高位ウィザードを派遣して、魔力が優れたものをテストしてから資格を与えるようにしました。

これは、大災害で被った被害を復興するためにウィザードの需要が多くなったため、
アカデミーの生徒たちだけでは、充当出来なかったために生じた制度です。

彼らは、いつも自分の魔力が大地から祈り来ることを心から有り難く思っています。

ソーサラー(右)
ソーサラーは、昔の魔法を科学的に研究したセージの末裔です。

普通人々は、魔力を重点的に研究し、使用することがソーサラーの仕事であると思っていまが、
実は、魔力の源と魔力の移動の研究をすることにソーサラーは重点をおいているのです。
そのため、ソーサラー達は、チームメイトから得た魔力を自分の技能の回復に回します。

しかし、魔力の最も根本的な力を研究には、とても多い資本が必要です。
彼らは、魔法都市のゲフィンに資金の申請を提出しました。
お金持ちの会員たちは、ソーサラーがすべての要求を完成させることを必要としている。
後に、また多くの事件が発生しました......



ローグ(左)
動作が素早くて、専門の妙技を持ち、彼らはすべて盗賊の頂点のにいる者と言えます。

ローグはどんな制約や拘束も受けないです。
厳格な内部の教育を行うことで、彼らと盗賊は区別されています。
彼らは、大陸で自由自在で、世の中のすべての規則から離れ、ただ一つ自分を堅持します。

ローグは、時には相手の技術を盗み強化し、昇格させて相手の武器や防具を外す。
これらは、ライバルと戦うため戦闘に用いるかもしれません。

アサシン(右)
シーフの中でも高度な忍耐力と敏捷性を合わせ持ったものだけが、アサシンになる資格があります。
彼らは、同業の盗賊ギルドの中にこっそり隠れてる。とても古い歴史を持ちます。

盗賊ギルドがある前に、暗殺者のギルドがあった。
しかし、暗殺者の発展は断ち切られて、その後また盗賊の中から再び発展した。
暗殺者の暗殺の術は極秘(時には運の影響を受ける。)

暗殺者達中で、髪の毛を剃る行為は禁止されている。だから、暗殺者たちは、長い髪の毛が多い。

暗殺者は、根本的にいかなる感情を持っていなくて、
冷たくあしらっていますが完全に性格が無いわけではなく、彼らの自我は生きています。



男マジシャンのイラストもあるので、職業による性別の固定はないかと思われます。
アカウントによる性別の固定は、ないとはいえませんね。
旧RO2は、アカウントに登録した性別がそのままキャラクターの性別でしたから。

新しいスクリーンショットだけを抜粋して紹介いたします!
■前回のスクリーンショット
全体的に、カラフルにそして、クオリティもアップしています。
出来の悪いSSの次にこれらを持ってくるとは....あらかじめ用意してたなw
汚いやり方やでぇ、悪いもの見せてから良いもの見せたら、感じ方違うもんな。


前回のスクリーンショットより、かなり良くなってます。全体的に鮮やかで床も白っぽくなってる。


おお、やっぱりあった噴水と像です。だれもがよく覚えている場所でしょう。


結構、奥行きがあるのが分かります。プロンテラは、巨大です。


この画像好きですねぇ~


こちらは、ミョルニール山脈のどこかです。
ワープポータルのような次元の狭間のようなものが、あります。どこへ続いているのでしょうか。


簡単なスクリーンショットの比較です。
ここは、イズルードの丘です。こちらもプロンテラ同様、前回のSSよりとてもよくなっています。
照明の効果が良くなり、霧の効果に、背景がよりよく追加されています。


これも、イズルードのカテゴリに貼られていたので丘のどこかに位置するのでしょう。
ところどころ穴が空いています。窓のような?入れるのでしょうか。


こちらは、プロンテラ南平原のようです。


プロンテラ地下水路上層です。前回の清潔な水路から、薄汚れた下水という感じがよく出ています。