【RO2】ゲームプレイスクリーンショット公開!

公式サイトではないですが、各ニュースサイトで
ついに、ゲームプレイのスクリーンショット、キャラクターのグラフィックスが公開されました!


"新しい世界が開かれる!"

RO2:Legend of The Secondの第一次CBTプレビュー



区分 最小仕様 推奨仕様
CPU Intel Pentium4 2.0 GHz以上 Intel Dual Core 2.0 GHz以上
RAM 1GB以上 2GB以上
VGA Geforce FX 5600以上 Geforce FX 8600以上
HDD 1GB以上の空き容量が必要 2GB以上の空き容量が必要

今月31日、第一次クローズドβテスト(以下CBT)を使用してプレーヤーに初めて公開される。

今回の第一次CBTは、初期のプレーヤー接続の負荷と、
サーバーの負荷テスト、およびユーザの様々なゲーム環境でも最適化されたサービスを提供できるように、
OSごとの動作テスト特殊なハードウェアをテストするなどの目的で行われる。

7日間のCBT期間は、午後6時から10時まで限定公開テストが行われ、
特に9月1日、4日午後7時から9時までは、集中的なサーバーの負荷テストが行われる予定です。

'ラグナロク2'は前作'ラグナロクオンライン'との連係性確立と新規コンテンツ追加で一層ゲーム性を強化するのに注力した。
第一次CBTでは、さまざまな地域やNPC、モンスターなどの視覚的な部分とストーリーで、前作の香りを感じることができ、
新しい仕事のシステムとデュアルライフシステム、織機、染色システム、才能のシステム、採集/製作システムなどを使って、
新しい『ラグナロク2』の世界の面白味を経験することができる。


■前作『ラグナロクオンライン』の裏話を楽しもう
『ラグナロク2』の冒険は、『ミョルニール山脈』地域のアルミン村とノルミン村から始まる。
ここでクエストを使用して採集と戦闘を経験し、本格的なゲームの進行が行われます。

'ラグナロク2'の世界は前作‘ラグナロクオンライン’の明るくて暖かい世界観を継承、拡張させた。
『ミョルニール山脈』、『プロンテラ』、『イズルードの丘』など、1次CBTで経験することができるのは、
前作と連携した地域に多くの時間が経過した後、この地域がどのような変化を経ていることを、
さまざまなストーリーを把握することができる。

'ラグナロク2'は、クエストを通じて自然な成長を経験することになって、ゲームの重要な出来事に会うことになる。
今回の1次CBTで経験できるクエストはハンティング、アイテム獲得、採集、特定任務完遂など基本的なクエストなどで、
今後は、護衛や保護のような苦難なクエストが追加される予定だ。

また、『ラグナロク2』では、ポリン、ルナティック、ロッカーなど、
前作で登場したNPCや人気のモンスターたちに会うことができる楽しみがある。

▲ラグナロク2は、前作のように明るく暖かい世界観を備えている





▲様々なクエストを使ってキャラクターの成長とゲームのストーリーを把握することができる

■5種類の特色ある職業を30レベルまで育ててみよう
'ラグナロク2'の職業システムは各職業の差別化とキャラクター性を生かすために多様な職業世界を整えている。
1次職業はソードマン、マジシャン、アコライト、アーチャー、に区分されて、20レベルを達成した後
プロンテラ旺盛の"騎士団長"NPCを通じて転職クエストを完了すれば転職することができる。

▲職業選択時ユーザーらは、耳目口鼻、ヘアースタイルなど基本的なカスタマイズを選択することができる。

‘ソードマン’は接近戦に強い‘ナイト’と武力が優れた‘ウォーリア’に分かれて、
‘マジシャン’は魔力の源泉を扱う‘ウィザード’と魔力供給を遮断したり魔力の流れを円滑にする‘ソーサラー’に成長する。

‘アコライト’はケガ人の回復能力が優れた‘プリースト’とより攻撃的な‘モンク’に転職することができるし、
‘アーチャー’は弓攻撃が優れた‘レンジャー’と戦闘補助スキルを利用してハンティングに特化された‘ハンター’に分かれる。
最後に‘シーフ’は速い動作と精巧な小手先を持った‘ローグ’と高度な忍耐力と敏捷性を持った‘アサシン’に成長する。

今回の1次CBTでは最高30レベルまで自身のキャラクターを育成できるし、
ソードマン’と‘シーフは’男、残りキャラクターは女で固定されてテストを進行することになる。



区分
1次職業

2次職業

               
ソードマン
強靭な体力をもとに、他のこれらの柱になったり、攻撃の最前線に出るプロ ナイト:鎧をまいた接近戦に強い戦闘のプロ戦闘
ウォーリアー:優れた武力をベースに様々な武器や戦術のマスター

マジシャン
自然の原理を悟った魔術師は多様で強力な魔法を利用して敵にこの上なく大きい災難を与える職業 ウィザード:大地に存在する魔力の源泉を扱うのに優れた能力を持った職業
ソーサラー:魔力の供給を遮断したり自身が持った魔力の流れを円滑にする能力を持った職業
アコライト 神の祝福を受けた神聖な力で人々には祝福を、モンスターには天の裁きを下す神聖な職業 プリースト:聖なる力で味方の体力を回復させる神の最も強力な盾であり、王国の守護者
モンク:教会の武器のような積極的な役割を担う専門職
アーチャー 鋭い観察力と判断力を持った弓師は疾風の矢攻撃で遠距離の敵を制圧する職業 レーンジャー:弓術に造詣が深くて、節制された動きと高い集中力を持った職業。
ハンター:トラップや召喚を使用して、より効率的な戦いを重視するプロ
シーフ 自分の体を隠したり、相手の物を盗むなど、変則的なプレースタイルを持つ専門職 ローグ:高速な身のこなしや、高度な技を持つ専門職
アサシン:高さの忍耐力と機動性を持つ専門職


▲今回の1次CBTでは前職を通じて2次職業まで育てることができる。 
上段はマジシャンでウィザードに転職した姿、下段はシーフでアサシンに転職した姿


■専門職業で二重生活の楽しさを感じよう

<ラグナロク2>は基本職業以外に専門職業を選択して育てるデュアルライフ システムを特徴とする。
プレーヤーは専門職業を通じて自分だけの多様なアイテムを製作することができる。
1次CBTに公開される専門職業は‘ドクター’、‘テーラー’、‘ブラックスミス’、‘シェフ’の4種類であり、
キャラクター生成時、基本職業キャラクターを選択した後専門職業一つを選択することになる。

‘ドクター’は色々なポーションや消耗品を製造して、‘テーラー’は色々な防具をデザインして作り出す能力を持つ。
‘ブラックスミス’は多様な武器らを製造する専門職業であり、‘シェフ’は多様な食べ物と消耗品を製造する。

各アイテム製造は、先にハンティングや採集、物品購入、プレーヤー間取り引きを通じて該当材料を得た後、
Alt+Fを使用して専門職業に変身して作れば良い。
プレーヤーが専門職業に変身した間には戦闘能力が落ちるので危険な場所は避けた方が良い。

▲戦いのプロ、ナイトから専門職業シェフに変身している様子

■織り、染色システムに独自の個性を活かそう

<ラグナロクオンライン2>は、様々な織パターンと染料を用いて一つの形態の服でも、様々な衣装を作ることができる。
織りや染めをするためには、衣装デザイナーのNPC'ベストン'からの織機のパターンセットと染色セットを購入して使用する。
織機に適用されるパターンは、編集が可能で、適用するパターンの縦横軸を調整したり、
パターンのサイズ変更や回転を行うことができ、より個性的な衣装の表現が可能です。

特に布製の防具を生産する専門職『テイラー』は、高度な織と染色を行うことができ、
流行に敏感ながら、個性的なキャラクターを保持したい場合は[テイラー]を職業として育てたり、
センスのある『テイラー』のプレイヤーと密接にやっていくのがいい。

▲同じ衣装でも製織、染色システムを通じて個性がある服装に変更することができる。

■才能のシステムをうまく活用して専門の特性を強化しよう

『ラグナロク2』のスキルの習得には才能のシステムを通じて可能だ。
才能システムは1レベルずつ成長しながら、1点ずつ付与される才能ポイントを活用して望むスキルを獲得できるシステムだ。

<ラグナロク2>で得ることができる才能ポイントはすべてのスキルをみな習うことができなく
提供されるからプレーヤーはどんなスキルを習って職業特性を生かすのか慎重に決めるべきで、
これでユーザーらは同じ職業でも互いに違うプレーパターンを持つことができるようになる。

また、才能で得たスキルは職業専門家NPCを通じてより一層強くレベルアップさせることができる。
ただ、アクティブ スキルだけ可能で、パッシブ スキルは才能ポイントを利用して強化しなければならない。

その他にも<ラグナロク2>スキルは‘バッシュ’、‘ファイアボルト’、‘アローストーム’、‘ストリップアーマー’等
前作と関連したスキル名が多くてまた他の楽しみを与える。

▲ラグナロク2のスキルは各職業の特性をさらに強化してくれる

■多様な顔文字とソーシャルアクションで自分を表現しよう

<ラグナロク2>はチャットの他にも様々なな顔文字とソーシャルアクションを通じて
自分の意志を相手により明らかに伝達することができる。

顔文字はハート、ヘルプ、感嘆詞など多様な種類が準備されていて自身の感情を直観的に表現することができる。、
ソーシャルアクションは不合理、驚く、ピース、最高など多様な感情表現をキャラクター行動で見せてくれることができて
コミュニケーションの面白みを増す。
特にソーシャルアクションの際にそれにあわせて、キャラクターの表情も変わることになってより一層楽しく
プレーすることができる。

顔文字とソーシャルアクションは、ショートカットキーKを押した後、スキルウィンドウでソーシャルや顔文字テプを選択して
望むアイコンをクリックして使える。または、チャット入力ウインドウにソーシャルの場合‘/’を、顔文字の場合‘//’を入力して
その後に望むソーシャルアクションや顔文字の名前を入力する方法がある。
また、クイックスロットに該当アイコンをのせて短縮することに気楽に使うこともできる。

▲多様な顔文字とソーシャルアクションを楽しむことができる。

■レベル15になったら搭乗してみよう

<ラグナロク2>にはいろいろ乗ることが登場する。今回の1次CBTではペコペコ’に搭乗が可能だ。
‘ペコペコ’はプロンテラ城北部ワープポータル周辺の‘乗物管理人’ NPCから1ジェニーで購入でき、
15レベルから搭乗することができる。
‘ペコペコ’に搭乗すれば現在の移動速度より20%速い移動が可能で多くのユーザーらに人気を得ると期待される。

また、今回の1次CBTではパーティー、ギルド、郵便、倉庫システムなどユーザー間コミュニティを助ける方のシステムらが
取りそろってユーザーらはより便利にラグナロク2の新しい世の中を経験することができる。

その他にもログイン画面とイズルード丘などでは米公開された菅野ヨーコのバックミュージックを聞くことができて
<ラグナロク2>の平和な世界に打ち込める予定だ。

▲ 15レベルになれば搭乗してはやい移動ができる